少しずつ成長するのだ


by atthe7242

<   2004年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

衝動

『「むかつく」
今日何か嫌な事があったのか。特に思い出せない。
ただ、周りの景色が歪んで見えるほど、私の心は波立っている。
中央線新宿行き、5両目の、前から二番目のドアのすぐそば。一番端の席。
いつもの指定席は確保できた。
でも、心の奥底のもやもやした苛立ちは、一向に消える様子を見せなかった。


「今日も終電だ。人身事故でもおきたら帰れないな。」などと考えていると、平日にもかかわらず、べろべろに酔っ払ったサラリーマンたちが電車に乗り込んできた。
“ガンっガンっ”とドアを意味無くけりながら、笑い、はしゃいでいるそいつらは、まるで野生の猿だった。
「・・・・。何で、気分が悪いときに限ってこんなクズどもの声を聞かなくちゃならないんだ・・。」


乗り換えの駅に電車が着く。根拠の無い苛立ちはますばかりだが、とりあえず乗り換えない事には家に着かない私は、席を立つ。
野猿達のすぐそばを通る行為は、不快だったが、あえて、こいつらのために、1mでも遠回りする事の方が、よほど不快だと思い、一番近くの、出口に近づく。

酒臭い。

最悪。




次の瞬間、俺の肩に、野猿の鞄がぶつかる。



今日は、帰れそうにないな。親への言い訳を考えなくては。



「ぶつかっといて謝らないなんて、いい度胸してるじゃねーか!」
「親の顔が見てみたいぜ。」
「早く、謝ったほうが身のためだよ~。」
駅のホームで、野猿達が俺に向かってわめいている。
まさに、野猿。でもこいつら、ボスにはなれないな。
そんな事を考えていると、思わず口元が緩んでしまう。





わめき声は、一層大きくなった。

もう、何を喋っているのか解読する事さえ不可能だ。
当然と言えば当然。猿語は俺にはわからない。


野猿の一匹が俺の胸倉をつかんだ
僕の中の温度が、どんどん冷めていく。


左目の視界が徐々に白くなってゆく。



僕は、野猿を突き飛ばす。


野猿の駆除、完了しました。



いつしか、波は凪いでいた。』






夢を見たらしい。内容は覚えていない。
こんなにすがすがしい朝は久しぶりだ。
平凡な毎日が、今日も始まる。
でも今日は何かいいことがありそうな予感だ。
[PR]
by atthe7242 | 2004-10-29 23:46 | my 小説

恋愛

まったく今恋愛していない俺が、恋愛について書こうと思う。
何か、最近まわりが騒がしいもんで、ちょっと、まじめに考えてみるかなと思いま~した!

何から書こうか・・・。


とりあえず、俺が好きになる子は何かを一生懸命やっている人だと思う。別に、今、回りにいる女の子の誰も、何かに向かって一生懸命やってないってわけじゃないよ。あくまで第一条件。
んで、俺に持ってないものを何かひとつでも持ってる人。スキルとか、そんなんも含むんだけど、もちろん感性的なものも含みますね。
んで、顔。


ってか話し変わるんですけど、今日、本上まなみ見ました!!!!半端ない・・・。きれい過ぎる。しかも、目が合ったんですよ!!!!てか、挨拶もされたしね~!!!!しゃべり方もかわいいし。あれで30間近って信じられません!

あ~、もう恋愛トークとかどうでもいいや。
今日の俺は大満足です!
b0039951_18343917.jpg

[PR]
by atthe7242 | 2004-10-29 18:32 | 戯言

徐々に・・・。

このブログの存在が、少しずつ知られてしまっているようで・・・、中々どうして、情報の流出は早いものです。

まぁ、今日は家に六時前までに着かなくてはいけなかったんで、久々に自宅のパソコンで書こうかなって感じで書いてます。

今日は、住民基本台帳カードとやらを受け取るときのことを、言いたいのですが、その前に、俺自身の基本情報として、僕は、公務員という奴ら(輩)が大っ嫌いでした。
特に、警察官。何だあいつらは。何もしてない俺に職質するわ、登校中に排泄したくなっても、厠を貸してくれなかったり、市民の敵です。
でも、今回の支所の人々は素晴らしかった・・・。

住民基本台帳カードは、五時前にしか発行申し込みできないようになっているらしいのですが、俺はそんな事とは知らず、のうのうと4時50分に支所に到着。締切時間を知り、大至急カードが必要だった俺は、完全に顔色真っ青。しかも、証明写真も必要らしく、てんぱりながら写真をとって、もう一度、申し込み受付へ。時刻4時55分。まさか、もう一度写真を持って今日中に来るとは思ってなかった、受付のお姉さんは、目が点。でも、僕の焦りをわかってくれたのか、そこにいる職員総出で僕の、カード作りに協力してくれました。
1番から7番くらいまで、色々受付があるのに、その5分間だけは4番受付にしか人がいませんでした。申し込み完了とともに、五時のチャイムが。感動でした・・・。お姉さん、大好きです・・・。



公務員全員を敵視するのはもう止めます。嫌いなのは、警官だけです。
[PR]
by atthe7242 | 2004-10-28 17:43 | 日記

消えてなくなりたい

死ぬのって、痛そうですよね。苦しそうですよね。
もし、人間死ぬときが気持ちいいってわかったら、もっと人口が減るかもね。
こういう考えはないって人も多いだろうけど、こういう考え持ってる人も意外と多いかもよ。

今の、僕の気分は消えてなくなりたい。
まぁ、現実逃避以外の何物でもないんだけどね。

昨日は本当に病んでて、父と二人でバーに行ってきました。
父は、葉巻を吸ってました。

今度から、つらいことがあったら、きっとあのバーへいくことでしょう。
今日も、いきたい気分だこのやろー!!


b0039951_19361129.jpg


←これはモヒートってカクテル
[PR]
by atthe7242 | 2004-10-26 18:25 | 戯言

forget me not

僕は、まだビルの向こうの空を、いつまでも探してます。

誰か僕に、勿忘草の存在を教えてください。b0039951_1542362.jpgb0039951_1572913.jpg
[PR]
by atthe7242 | 2004-10-24 15:00 | 戯言

oreore詐欺

正直バカにしてました、オレオレ詐欺・・・。まさか、自分の身に降りかかってこようとは。結構びびるじゃねーか、このやろー!!!
しかし、もうひとつ予想外だったのはうちの家族の、騙されなさ。正直、もっと阿呆だと思ってました。さすが俺の家族、そう簡単には騙されません。
てか、貧乏なうちに200万も吹っかけんなって話ですよ。いくら、俺が事故起こしたからって、うちにそんな金、払える余裕はございませんから~。残念!
ちなみに、僕は免許などもっていないので、事故なんて起こすはずありません。
できれば、おれ自身がいるときにかかってきたら、ぎりぎりまで騙されたふりをしてみたいかな~、とか思ったり思わなかったり。

しかし、ちょっとマジに物申してもらうと、本当にオレオレ詐欺は卑劣な犯罪のひとつだと思う。
電話、受けた本人から聞いた内容では、結構騙されるぞ、あの手口。
しかも、犯人は、かなり安全な場所からの攻撃。犯罪犯すんなら、もっとギリギリチョップな所で勝負せんかい!!!!!「オレオレ詐欺はスマートな犯罪、誰も傷つけない」とか言うやつは、死んでください。
少なくとも、騙されていない俺は傷つきました。


b0039951_1793683.jpg
[PR]
by atthe7242 | 2004-10-23 17:04 | 日記

Bobさん

みんなにボブさんについて知ってほしくて・・・。


b0039951_1541097.jpg


More
[PR]
by atthe7242 | 2004-10-23 15:03 | 戯言

台風

やっぱり、生理的に受けつけない人っていますよね。
本当、意味も無くカリカリしてました。
僕の心もタイフウゥ~ンです。
[PR]
by atthe7242 | 2004-10-21 00:00 | 日記

夕暮れシャイボーイ

昨日、ず~っと欲っしていたジェルを手に入れました。
まぁ、はげるまでの少しの間、存分に髪型で遊ぼうと思っとります。
でも、残念ながら今日明日と雨の予報・・・。
何かつけるのもったいなくて、つけていません。


b0039951_13334190.jpg ←こんなの。


まぁ、そのジェルってのがマツキヨとかに売ってなくて、美容室でバイトしている子から調達したんですが・・・。
本当、中学の友達(女の子限定)に会うと何であんなにもたどたどしい会話しか出来ないの!オレ!!!あんなに仲良かったじゃないの!!!!
そりゃ、俺は私立の高校に行っちゃって、会うのめっちゃ久しぶりだけど・・だからって・・・会話時間二分って・・・・・・。
ジェルを渡すためだけに、わざわざ夕暮れの寒空の中、駅で待っててくれたその子には、本当申し訳なさで一杯です・・。

シャイってる時の、自己分析
①黒柳徹子張りの早口
②相手の目を、0.5秒以上見続けられない
③やけに、重心を移動させる
④手を口に添えながらしゃべる
⑤大げさなひき笑い
⑥唇が乾く

昨日、気付いた事はこのくらいかな。
久々に、自分がシャイだと言う事を思い出した夕暮れ月曜日
[PR]
by atthe7242 | 2004-10-19 22:09 | 日記

愚痴

自分の事が嫌いです。
日々、このことは考えないようにしているのですが、嫌いなものは嫌いです。
別に、自殺しようとかそんなんじゃなくてね。
きっと誰しもが持つ、ちょっとした自己嫌悪。

前にも書いたけど、とりあえず他人のことを完璧に分かる事なんて不可能だと思う。
それなのに、さもすべて知ってるような口ぶりで話す自分がいて、もう醜態の極みだね。
そんな、最低の俺が人のことをとやかく言っても、他人に対しても、自分自身に対しても説得力が無いというのは重々承知。
でも、やっぱり他人の態度に腹を立てて、その時は怒りで見えていないけど、夜になって、その怒りは自分に帰ってくる事が殆んどなんだよな。

「無知の知」。なんて素晴らしい言葉なのでしょう。
早くその境地にたどり着きたいと思う今日この頃です。
[PR]
by atthe7242 | 2004-10-17 01:06 | 戯言